面白い韓国ドラマ「彼女はキレイだった」#8〜#9

그녀는 예뻤다

主な出演者

  • キム・ヘジン(ファン・ジョンウム)

ボサボサ頭、そばかす顔のさえない30歳。
昔はお金持ちだった実家だが今は小さな父が印刷屋を営む。
アルバイトしながら求職中。親友のハリと同居中。

  • チ・ソンジュン(パク・ソジュン)

ファッション誌「ザ・モスト」副編集長としてアメリカから帰韓。
ヘジンとは昔、家が隣同士でお互い初恋。
大人になってからもヘジンのことが忘れられない。

  • ミン・ハリ(コ・ジュンヒ)

ヘジンの親友。長身でショートカットが似合うオシャレ美女。
実家が金持ちだが、父親の再婚相手との関係は最悪。
ホテル支配人として勤務中、制服姿も最高!

  • キム・シニョク(チェ・シウォン/SUPER JUNIOR)

ファッション誌「ザ・モスト」デスク。
常にふざけて、人生に面白さを求めている。英語がペラペラ。
ヘジンのことを「ジャクソン」と呼んでからかっているうちにヘジンのことが好きになるが、ヘジンには冗談だと思われてしまう。
実生活では、なぜかハリの勤務するホテルのスイートに住んでいる謎の色男。

그녀는 예뻤다

#08

第8話あらすじ。ハリとソンジュンが公園にいます。
ハリはソンジュンへ「恋人になりたいと」自分の気持ちを伝え、キスをします。
偶然、ヘジンとシニョクも同じ公園にいて、シニョクがキスをしている2人に気付きます。

2人がキスしているところをヘジンに見せたくないシニョク。
「おじさんが立ちションをしているから、そっちを見るな」と適当なことを言って、ハリに気付かせないようにします。

公園での2人を見たシニョクは ヘジンに一緒に住んでいる友達について尋ねます。
ヘジンは携帯でハリの写真を見せます。それを見たシニョクは、ハリとヘジンが親友であること、ハリがヘジンの振りをしてソンジュンに会っていることを確信します。
シニョクはヘジンにに自分が知っている(ハリとソンジュンの関係)ことを言いかけますが、結局口を閉ざします。

ソンジュンはハリの手を引いて思い出の場所へ連れていきます。
ソンジュン 「昔ここの壁に落書きしたの覚えてるか?」
その壁には、女の子と男の子の絵が描かれています。幼いころのヘジンとソンジュンが描いたものです。ハリが描かれた2人の廻りを口紅を使い♥で囲みます。
ソンジュンは自分の気持ちを確認するようにハリに向けて笑顔を作り、2人は微笑みあいます。

ハリは、罪悪感からのストレスで体調を壊してしまうまでに。
コンビニで倒れたところをシニョクに助けられ、病院に行きます。
シニョク 「キム・ヘジンのふりは、もう止めてくれないか?そんな風にバレるのは君も本意じゃないだろ。今すぐ話すんだ」
シニョクは目を覚ましたハリに、自分が未だヘジンを偽っていることを早く打ち明けるように忠告します。
ハリ 「私にとっても初恋なんです」と泣くハリ。

別の日、ハリとソンジュンは映画を見る約束をしていました。
ソンジュンが車で映画館に向かう途中、シニョクがヘジンをおぶっている(おんぶ)姿を目撃します。
2人の仲良さそうな姿に動揺したのか交通事故を起こしてしまいます。

その翌日から、自分の気持ちを抑えつけるように、わざとヘジンへ冷たくするソンジュン。
急に態度が変わったソンジュンに気付き、それを気にするヘジン。
そしてソンジュンは仕事の失敗をしたヘジンを怒鳴りつけ、そのままクビにしてしまいます。

ヘジンがクビになった後、シニョクはヘジンのアイデアブックを手にしてソンジュンのいる副編集長部屋を尋ねます。
シニョク 「ヘジンさんのことになると感情的になる。僕が失敗しててもクビにしてましたか? ヘジンさんが好きなんですか?」
ソンジュン   「君こそ何なんだ。ヘジンさんと関係あるのか?」
シニョク   「僕はヘジンさんが好きです。」
そう言って部屋を後にします。

結局、仕事の失敗は、ヘジンが悪かったのではなかったことを知るソンジュン。
ヘジンが考えていたアイデアを企画で使いたいこともあり、直接ヘジンに謝りにいき、編集部へ戻ってほしいと説得します。しかし、決心の固いヘジンは「戻らない」と断ります。

新しい仕事を探すヘジンでしたが、なかなか上手くいきません。
そんな時に実家で古い印刷機を使い続ける父の姿を見て「新しい機械を買ってあげたい」と思い、その目的のために編集部へ戻ることにするのでした。

無料で見る!!『彼女はキレイだった』

#09

第9話あらすじ。ヘジンは心機一転、自分を変えるために大変身します。
美容院に行き、天然パーマのボサボサ頭をサラサラのボブヘアに。
デパートへ行き、白いブラウスとジーンズを購入し、化粧品コーナーでメイクアップ。

まるで別人のように美しく変身したヘジン。
編集部の仲間からも歓迎され、すごく綺麗になったと褒められます。
その姿を見たシニョクは、ヘジンがモテてしまうのではないかと焦ったのか「前の方が良かった」ときれいに変身したヘジンの姿を受け入れられない様子であたふた。
自分のデスクからソンジュンの方を見てガラス越しに挨拶するヘジン。
ソンジュンはヘジンを見て優しく微笑みかけます。

編集部の企画ミーティングでも、アイデアを称賛され拍手を受けるヘジン。
議事録をソンジュンへ渡すため副編集長室へ入ります。
「これからもアイデアを見せてほしい」というソンジュンに「がんばります」と答えるヘジン。
そしてソンジュンからヘジンへプレゼントの箱が渡されます。
中には首から下げるストラップのついたレザーのカードケース。
そのケースにはヘジンの社員証が入っていました。
ソンジュン 「戻ってきてくれてありがとう」
ヘジンは嬉しそうにその社員証を首からかけます。

ヘジンは初めての取材に車で向かうことに。
ソンジュンにも頑張ってと見送られますが、その際に乗った車が整備不良だったと発覚。
シニョクはそれをヘジンに知らせようと電話をしますが、運転中、鞄に携帯を入れているヘジンは気付きません。
そんな際にヘジンの行先と同じ場所で事故が起きたことをネットニュースで知るソンジュン。
ハリと待ち合わせで、カフェにいましたが、居ても立っても居られず、急いでヘジンの元へ向おうと店を出ます。カフェを飛び出して走っていく姿を目撃するハリ。

雨の中、ヘジンの元へ向かうために車を走らせるソンジュン。
今までのヘジンとの出来事を思い出します。
「ヘジンに本当に他の感情はないのか?」とシニョクから核心に迫られたことも。

事故の現場に着き、必死にヘジンを探すソンジュン。
その姿をヘジンが見つけ声を掛けます。
冷静さを失い思わず、ヘジンを抱きしめるソンジュン。

そして、もう1人ヘジンを心配して事故現場に駆け付けたシニョク。
抱き合っている2人を遠くから見つめます。

韓流観るなら<U-NEXT> 彼女はキレイだった 第10話

株の無料チャート【Trading View】